木之下惠美ノート

(社)アロマハンドトリートメント協会理事長 らぼぞうスクール校長 ドイツメデイカルハーブと占星術

ワクチンどうする?2021

2月中旬を折り返した日本、

新型コロナウイルスのワクチンどうする問題が猛威を振るっています。

 

さてどうする?

どうしようと思う?

どうしなければならない?

それは誰のため?何のため?

結局答えは今、でるのでしょうか。

けれど出さなければいけないので

少し勉強しました。

 

まずはこの新型コロナと呼ばれる

ウイルスについて・・

 

中国武漢で猛威を振るった厄介なウイルスは、

2020年よりもう少し前にそこにあり、

2020年ものすごいスピードで世界中に広がり、

多くの命と生活をことごとく奪い続けることになりました。

 

2020年後半、

この新しいウイルスに対抗する

新しい種類のワクチンが、

大きな製薬企業から

世界に向けて出荷されるようになりました。

 

このワクチンのあらましは

ざっとこんな感じです。

ウイルスの設計図から研究されて作られた

核酸ワクチン」と呼ばれるもので、

mRNA、DNA、ベクターワクチンなどに分類されています。

本来、もう少し先の未来に出るかもしれなかった「核酸ワクチン」は、

世界を席捲したコロナ禍を受けて、

中国・アメリカを基軸に、

2021年世界の命に向かってその手を挙げ、

それらを世界の多くが受け入れ、

今世界中に広がっています。

 

ファイザー社・アストラゼネカ社・

ビオンテック社、モデルナ社、

ロシアのスプートニクV・・

ちなみに中国は、ベクターワクチン以外にも従来型の不活性ワクチンの接種の両方に舵を取り、リスク分散をしつつ、人民解放軍を中心に、実証実験のカタチですでに進めました。

 

そしてこの新しい時代に、

大きな国や世界の企業により、

様々な「核酸ワクチン」が、

機を逸せずと一気に世界に躍り出ました。

 

社会全体、世界全体、集団の自由と平等という大枠で考えると、どの「核酸ワクチン」が良いのかはさておいて、打たざるを得ない、もしくは打つことが当然なのかもしれません。

 

しかし個々個人の自由意志とひとつひとつの命とその未来という観点で考えると、答えをひとつにはできません。

 

ワクチンを打つ意義は、

重症化リスクを極力下げるためです。

 

他人にうつさないためではなさそうですね。

よって、マスクも手洗いも変わらず必須です。

 

ワクチンを打つ目的は、

免疫の「抗体価」を高めて、

ウイルスに勝てないまでも負け切らないようにすることです。

 

反面、これらの新しいワクチンの「副反応」はリスクが高いのか、その「副反応」はどんなものなのか、このワクチンの効き目に持続性はあるのか、集団接種によってウイルスの変異はどうなっていくのか、そんな疑問もついてきます。

 

●ワクチンの効き目には、どちらにせよ大きな幅があり、事前に予測はできない。

核酸ワクチンは実験では効果を見せているが、ワクチンも含め薬に副反応は付き物。

●世論が過剰にゼロリスクを期待すると、反動が非常に心配。

「新型コロナとワクチン 知らないと不都合な真実/峰宗太郎・山中浩之 より」

 

f:id:hatsuho44:20210217094926j:image

ここからはわたしの私見です。

 

たぶんこれらの新しい時代の新しいワクチンは、どこのどういう「核酸ワクチン」だと良いとか悪いとか、変異したウイルスには、こっちが効くとか、そんな風にして、結局のところ、世界中で進んでいくのだろうと思うのです。

 

もう後戻りはできないのかと。

 

自然療法を伝える私はこう考えます。

命には無限の可能性と儚さと強さがあります。

結局のところ、獲得する免疫の記憶をもひっくるめて、あらゆる命の循環は、私たちの命の防衛を助けています。

 

新しいワクチンを打つのか打たないのかの選択は、現段階では、どちらもありなのかもしれません。

 

一生懸命に考えること・

が大切なのだと今は思うのです。

 

集団の自由と平等

個人の自由と命

f:id:hatsuho44:20210217095051j:image

さてどう測りましょう。

悩ましいです。

 

 木之下惠美